新築、注文住宅、ローコスト(低価格)なら株式会社イシカワ
総合トップ
お近くの展示場
「全館空調システム」「床暖房」で寒い冬を快適に過ごす
うだるような夏の暑さがやわらぎ、ホホをなでる風が心地良い季節になってきました。秋は過ごしやすい反面、昼と夜の寒暖差が大きく、冬の足音が聞こえて来る時期でもあります。新築する家で来たる冬を、どう快適に過ごそうか……。寒さ対策でお悩みの方、今回は家にいる時間を快適にする「全館空調システム」と「床暖房」についてご紹介します。2つの設備は冬場の暮らしにどんなメリットをもたらすのでしょうか。 ※地域によっては、対応していません。
毎日、快適な全館空調システム
全館空調システムの仕組みは、一台の大きなエアコンで家全体を空調することです。一般的に熱交換換気システムを中心に、家の天井や壁にダクトを張り巡らせ、建物内の空気を循環させます。各部屋にある吹き出し口から冷房、暖房が送風されることで家全体が温まり、一定の温度に保たれます。これが最大の特徴であり、メリットです。つまり、24時間365日、家中どこにいても快適!部屋間の温度差がないのでヒートショック等のリスク軽減につながります。
賢く使い、光熱費を削減
全館空調は家全体を空調するので「電気代がかかるのでは?」と思われがちです。しかし、空調は頻繁に温度を変えたり電源を切ったりすると、余計に電気代がかかってしまいます。ですから、温度はなるべく一定に保った方が電気代の節約になります。また、エアコン自体の機能が向上し高効率になったので、少ないランニングコストで済みます(「高気密・高断熱」の住まいが前提条件)。つまり、省エネルギーでお財布に優しいことに加えて、CO2削減にもつながるので環境にも配慮したシステムだと言えます。
アレルギーの方の強い味方
建物内を循環する空気を常にキレイにするのが高性能フィールターです。これがホコリ、ダニ、花粉、カビなどの有害物質を取り除き、アレルギー症状を抑えます。また、粒子の細かいPM2.5にも対応しているので心強い!アレルギーで悩まされている方の頼もしい味方だと言えます。
インテリア、エクステリアがスッキリ
エアコン一台のメリットは、各部屋にエアコンを設置せずに済むことです。それにともない、室外機も2台だけ。また、存在感のあるエアコンがないだけで居室がさっぱりし、外見の見栄えも良くなります。さらに、各所に吹き出し口のある全館空調システムならば、リビング階段や吹き抜けを設ける間取りも視野に入ってきます。見た目がスッキリする以外にも、家のデザイン性が高まります。
じんわり温かい床暖房
部屋全体を均一に温める床暖房は、体がのぼせる感覚がありません。これは、足が床に接する時に伝わる「熱伝導」、床からの赤外線の熱が空気を温めてくれる「輻射熱」、床から温かい空気が上へ移動する「自然対流」によるものです。そのため、「心地いい!」と実感できるのです。足元をやさしく温める、床暖房の最大のメリットです。じんわりと温めることで冷え性が解消されやすくなり、靴下の重ね履きやスリッパ要らずの生活が叶います。さらに、床暖房が生み出す快適空間は、家族が自然と集まる団らんの時間を増やしてもくれます。
乾燥を防ぎ、空気もキレイ
床暖房は皮膚の水分を奪わないので肌の乾燥を防いだり、乾燥によりノドを痛めることがほとんどありません。また、カビの温床となる結露が発生しにくいのも特徴のひとつに挙げられます。さらに、ホコリが舞いにくく、空気がクリーンな状態が続きます。
魅力あふれる床暖房
安全性の高さも大きなポイントです。ご高齢者、小さなお子さん、ペットがコードに引っかかったり、うっかり火傷をする心配がありません。安全であることに加えて、居室以外の洗面所や廊下などに設置できたり、場所を取らずに出し入れの手間がないのでお掃除らくらく。基本的にメンテナンス不要で耐用年数の長さも魅力です。
あなたの暮らしを向上させるのはどっち?
室内の快適性を向上させる「全館空調システム」と「床暖房」。どちらが良い悪いではなく、それぞれにメリットがあります。肝心なのはライフスタイルに合わせて、より暮らしの質を向上させてくれる設備を選ぶことではないでしょうか。新築をお考えの方、冬の寒さ対策にご検討してみてください。
新築時にどちらかの設備の導入をお考えの方は
各展示場のスタッフにご相談ください。
お見積りだけのご相談も承っております。
資金相談会随時開催!

資料請求

資料イメージ

商品パンフレット

ご質問・御相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル0120-222-695 受付時間:火・水を除く10:00〜18:00

お問い合わせ