新築、注文住宅、ローコスト(低価格)なら株式会社イシカワ
総合トップ
お近くの展示場
家庭内のエネルギー消費を抑えて、同時にエネルギーを創る「ZEH」。先進の住まいがかなえる、エネルギー収支ほぼゼロの暮らし。
最近、よく耳にしませんか?ZEH(ゼッチ)という言葉を。では一体、ZEH(「Net Zero Energy House」の頭文字)とは何なのでしょうか?その名の通り、家庭で極力エネルギー消費を抑えて(省エネ)エネルギーを創り(創エネ)、年間の一次エネルギー消費量の収支ゼロを目指す住宅のことです。今回は、より具体的にZEHの優れた仕組み、その種類についてご紹介します。
そもそもZEHとは、どんな住まい?
先ほど触れたように、ZEH とは「省エネルギー」と「再生可能エネルギー」の導入により、年間の一次エネルギー消費量の収支ゼロを目指す住宅です。つまり、家庭内で使うエネルギーを減らすと同時にエネルギーを作り出す、エネルギー的に自立した住宅だと言えます。自分たちに必要なモノは、自分たちでまかなう。まさに、自給自足なのです。
「省エネルギー」をかなえるには
年間のエネルギー収支をゼロにするには、大幅な省エネルギーの実現が欠かせません。その上で肝になるのが、外壁や窓枠や天井など外皮の断熱性能を大幅にアップさせること。その指標となるのが、UA値(外皮平均熱貫流率)です。この数値が低ければ低いほど、断熱性能が高いことを表します。いわゆる、「夏すずしく冬あたたかい」断熱性能の高い住宅は、冷暖房の使用回数の削減、省エネルギーにつながります。また室温の変動が少ないので、ヒートショックのリスクや結露によるカビの発生が低減されます。
実は、省エネルギー設備も必要
住宅の断熱性能を高めれば、エネルギー消費がゼロになる!そう言い切れないのが実情です。なぜなら、冷暖房以外にも給湯、換気、照明など、家庭にはエネルギーを必要とする機器があるからです。では、どうすればいいのでしょうか?省エネルギー設備の導入が求められます。例えば、今までよりも高効率のエアコンやLED照明、給湯器などに切り替える必要があり、それによりエネルギー消費量が削減されます。
「創エネルギー」をかなえるには
断熱性能を高める、省エネルギー設備を導入する。この2つの取り組みにより「省エネルギー」はかないます。しかし、それだけでは十分ではありません。自然の力を借りること、「再生可能エネルギー」の導入も重要な要素に。具体的に言えば、太陽光を利用した太陽光発電システムです。現時点で最も効率的で、家庭でも導入しやすいため、幅広く普及しています。そのメリットは、エネルギーを作り出してまかなうだけにとどまりません。太陽光発電システムが備わっていれば、仮に災害が起こった場合にも電気を使うことができます(※諸条件あり)。
賢くエネルギーを利用するために
家庭で使うエネルギーを削減する。家庭でエネルギーを創る。そんな先進の住まいZEH には、HEMS(ヘムス)もセットで設置する必要があります。HEMS(Home Energy Management System)とは、使ったエネルギーと創ったエネルギーを「見える化」することで節約意識を高め、賢いエネルギー利用をアシストする管理システムです。さらに、各機器をコントロールしてエネルギーの自動制御ができるので快適な節電が可能です。
ZEHの種類
ここまでZEHの概要を説明してきましたが、実はZEHには種類があります。ZEHよりも省エネ基準の高い「ZEH+」と、ZEHよりも創エネ基準が緩やかで寒冷地対象の「Nearly ZEH」です。細かい違いを見ていくと、以下のようになります。
【ZEH+】
1.ZEHでは20%以上だった一次エネルギー消費量を25%削減する。
2.以下の3つの要素のうち2つ以上を採用する。
①外皮性能のさらなる強化、②高度エネルギーマネジ メント(HEMS)、③電気自動車を活用した自家 消費の拡大措置
【Nearly ZEH】
1.年間を通して生活で使うエネルギーを、再生可能エネルギーにより75%以上まかなう。
2.寒冷地、低日射地域、多雪地域に限る。

詳細は、お近くのイシカワの店舗にお問い合わせください。
有効利用したい補助金制度
快適な暮らしをかなえるZEH 仕様の住宅を建てる際、国から補助金が受けられます。単に省エネ住宅を建てるのではなく、これまで見てきたように「強化外皮基準を満たすこと」など諸条件をクリアすることで、かなりの金額が補助されます。2018年度の支援事業の補助制度では、ZEH+の場合は115万円、ZEH の場合は70万円の補助金が支給されます。補助金に関しても、最寄りのイシカワの店舗までご相談ください。スタッフがご対応いたします。
ZEHとは?補助金の条件は?申請の流れは?
イシカワで先進の住まい「ZEH」を体感してみませんか?

資料請求

資料イメージ

商品パンフレット

ご質問・御相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル0120-222-695 受付時間:火・水を除く10:00〜18:00

お問い合わせ