ブログ

BLOG

住宅に関するお役立ち情報などを更新中!

ブログ

2021/06/03

断熱性能を示す「UA値」って? お家の断熱について考えよう

#モデルハウス

「Ua値」や「C値」をご存じですか?これらは、お家の断熱性能や気密性能を判断する、大事な指標なんです。四季のある日本では暮らしやすさの観点から、住宅には暑さ対策と寒さ対策が必須ですよね。そこで重要となってくるのが、高断熱で高気密な住まいであること。夏は涼しく、冬は暖かく。一年中快適に過ごすために求められる住宅性能こそが、断熱・気密というわけです。今回は、家を建てる前に知っておくべき、「断熱性能」についてお話しします!

 

断熱性能を示す「Ua値」ってなに?

まずは、断熱性能を判断する上での指標となる「Ua値」について紹介していきます。「Ua値」とは、壁や窓、天井、床などから、家の中の熱がどれくらい外に逃げるのかを表した数値のことです。値が小さければ小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能が高い家であると言えます。

 

 

高断熱な家は、省エネルギーな家!

そもそも断熱とは、住まいの中の温度を外に伝わりにくくすることを言います。冷やした空気や温めた空気が外に逃げないので、少ない冷暖房エネルギーで年中快適に過ごせるのはもちろん、冷暖房費を節約することもできます。近年、家づくりにおいて省エネルギー住宅が注目されていますが、実は家全体で消費されるエネルギーのうち約30%は、冷暖房が占めているんです。どんな高性能な冷暖房機器があっても、家から熱が逃げてしまっては元も子もありませんよね。だから、冷暖房を効率よく使うためには、断熱性能の高さは重要になってくるのです。断熱性能は月々の電気代に直結します。毎月必ず支払う電気代は年々上昇傾向です。電気代をいかにおさえることができるかが、家づくりの重要なポイントです。また、高断熱のお家は、室内の温度差が小さくなるため、ヒートショックのリスクも軽減されます。

 

 

高性能の家を建てるなら!

省エネ、快適、家族を守る安心・安全な住まいは、これからの家づくりのスタンダードになっていきそうです。そのためには、断熱性能を高めることがとても大切!イシカワは、断熱性能が優れた一年中快適な住まいをご提供しています。ぜひ、お近くの展示場にお越しください。

お電話での問い合わせ・ご相談

0120-222-695

受付時間10:00 - 18:00(水曜定休)